整体プロデューサーのカラダの学校

カラダにまつわる、様々な真実の情報を伝える整体ブログ。みんなの健康がアタリマエの世界を作るため、楽しく整体を伝えています。

〜クセを見抜いて卒業させる整体〜 背中のズキズキとした痛みは、実は〇〇が原因!?

皆さん、こんばんは。

 

整体プロデューサーの

一整です。

 

福岡、緊急事態宣言出ましたが

当院では、出来る限り

身体で悩める方はお救いしたいので

いろんな形で関わっていきます。

 

そして、今回は

30代の男性。

 

仕事はパソコン関係で、デスクワーク。

 

背中のズキズキとした痛みが

この仕事を始めてから

出てき始めたとのこと。

 

身体を見ると、胸椎の丸みがなく

がっつり反りすぎのパターン。

 

明らかに肩甲骨同士の間の

筋肉か、筋膜が

とっても短くなって

 

血の循環が悪くなり

痛みが起きている状態。

 

そして、上半身が2で

下半身が0の

万病同根パターン。

 

足に体重を乗せると

膝が支えきれず

震えていたため

 

全身の大きなクセ、すなわち

打撲や打ち身、精神的ストレスの

無意識レベルの怪我パターンを

全て改善し

 

それでもなお、強靭に残る

背中の筋肉の短縮具合が

 

膝の筋肉に力が入らないこと

 

膝の筋肉に力を入れると

1回15秒で筋肉痛になることから

よほど、生活習慣のクセが

強いことを物語っている。

 

背中を丸めて、手を床に向けて

ダラーっとして

 

足で踏ん張り、膝を意識して

立つが

 

どうしても立ち上がる瞬間に

勢いで立ってしまう。

 

これこそ、テニスをしていた時の

内膝クセと瞬発による

合わせ技パターンのクセ。

 

なので、とにかくゆっくり

かつ足に体重を乗せて

立ち上がる練習を自主トレで指導。

 

すると、椅子に座ったままでも

その膝の感覚が分かり

 

背中の痛みはほぼ改善。

 

あとは、今までの生活のクセを

徐々に取っていくのみ。

 

背中のシャワーと

乾布摩擦もセットで伝え

 

徹底的に足での踏ん張りと

背中のリラックスの同時並行を

お伝えしました。

 

足での踏ん張りを忘れるのは

椅子からの立ち上がりを

日本人は、正しく習っていないから。

 

そのルーツは畳から

立ち上がる、床からの文化にこそ

答えがあり

 

その動きを取り入れるだけで

みんながみるみる改善するのだ。

 

ポイントは、

膝とつま先の向きを揃えて立つこと

 

そして、背中をとにかく丸めて

足に体重を乗せること

 

この2点だけ。

 

ぜひお試しあれ。

うまくいけば、立っているのに

上半身が楽ー、という

動禅の世界が味わえます。

 

福岡大橋にある身体のクセから根本改善

卒業させる整体院

代表 一整さん

 

理学療法士

整体

福岡

大橋

卒業整体