整体プロデューサーのカラダの学校

カラダにまつわる、様々な真実の情報を伝える整体ブログ。みんなの健康がアタリマエの世界を作るため、楽しく整体を伝えています。

幹細胞の真実について、持論を語ります 〜クセを見抜いて卒業させる整体〜

皆さん、こんにちは!

 

整体プロデューサーの一整です。

 

今回は、ちまたで噂の

幹細胞について。

 

まずは、こちら。ご覧ください。

 

https://www.daitouryu.com/iyashi/jouketsu/jouketsu02.html

千島学説と『腸造血説』

 

結論からいうと

 

血の元である、赤血球は

どこから作られるのか。

 

これは、医学的には

骨髄といわれていますが

その実験方法が異例。

 

2週間、絶食にしたニワトリの

身体を調べてみると

 

血が骨盤からできていた。

 

だから、血は骨髄から

できた。これが今の医学の

スタンダード。

 

では、私たちは絶食を2週間も

日頃にしていますか?

 

していませんよね?

 

だから、千島学説では

普通に食事をしている時の

血がどこから作られているか

調べてみると

 

小腸から作られていた。

 

だから、腸管で血が作られている

=腸管増血説を

唱えました。

 

しかし、いろんな理由で

受け入れられなかったようで。

 

理由は簡単で

 

食事で健康が作られることがわかれば

みな、食生活を気にしたら

病気も不調もないから。

 

ただ、それだと

儲けられない企業が

出てくるからです。

 

病気になった方が

儲ける企業は山ほどあります。

 

その事実をまずは知っておくこと。

 

次に、今回のテーマである

幹細胞。

 

小腸で血が作られて

 

良いもの食べれば

良い血が

 

悪いもの食べれば

悪い血が

 

作られます。

 

ということは、赤血球が

作られますが

 

これが、すべての細胞の基本なのです。

 

赤血球が

白血球にも、骨にも、筋肉にも

変化します。

 

その変化していく過程で

 

赤血球が急に、別のものには

変われません。

 

その際に、一度

赤血球の形から

0、つまり生まれたままの姿に

戻る過程。

 

それが、幹細胞の姿です。

 

赤血球

幹細胞

他の細胞やあらゆる組織

 

が真実。

 

そして、絶食した時は

その逆が起こる。

 

だから、ニワトリの実験では

 

骨髄から、幹細胞に変わり

赤血球に変わっていったのです。

 

それを血を作る基準と

捉えてしまったのです。

 

幹細胞はその不安定な過程を

取り出して使っていますが

 

本来の使い方とは違うため

非常に危険です。

 

だから、様々な美容や健康で

幹細胞は使われていますが

 

このメカニズムを

知っておけば

何をすべきか?

簡単ですよね。

 

日頃の食を変えて

 

心の習慣をプラスに変えて

 

身体の使い方を楽に本来の

動きですれば、良いだけなのです。

 

それで、いつまでも

若々しく生きれるのです。

 

私はこれを

整体で、実践しています。

 

私の整体では

その人、本来の身体の使い方へ

戻る動きを促すので

 

どんどん身体が楽になり

不調もすぐに感じても、治せるし

 

若返っていきます。

 

さらに、身体がリラックス状態に

常にいれるので

 

内臓、つまり小腸に血が還り

健康的になれるのです。

 

皆さんも幹細胞がすごい!

という事実の裏側と

本当のメカニズムを

知っておいてくださいね。

 

ぜひ周りの方のために

この真実の情報をお知らせください。

 

今だからこそ

自分の健康や美は

 

お金ではなく

自分の力で手に入れられるのですから。

 

私もそうしています。

 

この記事を見て

少しでもオモシロイッ!!!と

思われた方は

 

ブックマークか読者登録を

1秒以内に、お願いいたします!!

 

読んでいただき

ありがとうございました。

 

卒業させる整体院

代表 一整さん

 

※一整さんの考え方がわかる!

インタビュー記事はこちら

https://note.com/shima_zakky/n/n6e6dede6bad9