整体プロデューサーのカラダの学校

カラダにまつわる、様々な真実の情報を伝える整体ブログ。みんなの健康がアタリマエの世界を作るため、楽しく整体を伝えています。

ダイエットにもっとも必要なのは、歩き方よりも立ち上がり方? 〜クセを見抜いて卒業させる整体〜 

皆さま、こんばんは。

 

整体プロデューサーの一整です。

 

今回も楽しく、真実の情報を

お伝えしていきます。

 

まずは、こちらの記事を。

ご覧ください!

 

https://toyokeizai.net/articles/-/337727?display=b

3カ月で自然に12㎏痩せた人の「正しい歩き方」

 

要するに

歩き方で痩せることができた、

という記事。

 

わかりますが、非常に

わかりますが。

 

私的には、これは非効率で

 

歩き方はそもそも

自動で無意識にやっていることなので

 

意識的に動いても

痩せにくい人が多いのは事実。

 

さらに、歩き方よりも前に

ある動きが間違って行ってしまうと

 

その歩きがどれだけ頑張っても

ほとんど意味を為さないどころか

 

逆に身体に負担を強いる場合が

あるのです。

 

その、ある動きとは?

 

立ち上がり、です。

 

椅子から立ち上がるとき、あるいは

床から立ち上がるとき

 

どちらも同様ですが

足でしっかりと自分の上半身や腕

首や頭の重さをしっかりと

乗せた上で、立ち上がることが

できていないと

 

歩く時に全く活かされないのです。

 

そもそも、歩く目的は

生きていく上で必要な

 

食べるという行為をするために

獲物や寝床を見つけるために

 

移動するために発達したもので。

 

歩くという動作は

内臓が収まっている上半身と

 

その内臓へ栄養と酸素を送る

首から上の頭の機能

 

さらに口に食べ物を運ぶ

腕や手の機能が

自由に働くため。

 

さらに、

その重さを支えた上で

適切な場所で

適切な働きをするために

 

歩くという動作は

できているのです。

 

ということは、立ち上がる時点で

腰から上の全ての重さを

しっかりと足で踏ん張って

立ち上がらないと

 

本来の機能が働かないため

上半身の機能が働かず

 

不釣り合いな身体の使い方や

負担が重なり

 

病気や肥満につながるわけです。

 

足で踏ん張る=交感神経優位の

筋肉で支えるパターン

 

上半身が楽になる=副交感神経優位の

内臓へ血が送られるパターン

 

となり、代謝が上がり

勝手に普通に生活しているだけで

 

痩せていくのです。

 

どんな立ち上がり方なのか?

 

気になる方は、最後まで

見ていただいたプレゼントとして

URLを載せておくので

ご覧ください。

 

ぜひ周りの方のために

この真実の情報をお知らせください。

 

この記事を見て

少しでもオモシロイッ!!!と

思われた方は

 

ブックマークか読者登録を

1秒以内に、お願いいたします!!

 

読んでいただき

ありがとうございました。

 

卒業させる整体院

代表 一整さん

 

※一整さんの考え方がわかる!

インタビュー記事はこちら

https://note.com/shima_zakky/n/n6e6dede6bad9

 

※1日10秒で1カ月で10キロ痩せる!

立ち上がりの真実のやり方↓

https://youtu.be/Ebf5-NFtsw8