整体プロデューサーのカラダの学校

カラダにまつわる、様々な真実の情報を伝える整体ブログ。みんなの健康がアタリマエの世界を作るため、楽しく整体を伝えています。

ホンモノの整体とは?その真実に迫る 〜クセを見抜いて卒業させる整体〜 

皆さま、こんばんは。

 

整体プロデューサーの一整です。

 

今回は、また違った視点で

真実をお伝えしていきます。

 

まずは、こちらの記事を

ご覧ください。

f:id:sotsugyoseitai:20200419202708p:image

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/整体

 

整体という言葉を

使ったのは

日本の野口晴哉さんという方。

 

この方が、伝えているのは

 

整体とは

 

誰かに治してもらうのではなく

自分の力で治すこと、が

 

本来の意味である、と。

 

しかし、現在

いろんな整体や治療を見てみると

 

ほとんどが治してもらう整体で

 

本当の意味で

自力で治すことを促す整体は

数少ない。

 

これは、なぜか。

 

医療と経済が根深く

絡んでいるからである。

 

経済においては

単価と客数とリピートが

物をいう世界で

 

それをそのまま医療に

当てはめてしまった結果

 

整体の本来の意味が失われて

います。

 

どういうことかというと

 

単価を上げるのはよい整体で

本来の意味での内容であれば

上げて良いのです。

 

客数も腕が良く

素晴らしい整体であれば

自然とお客さんは増えます。

 

問題は、リピート率。

 

リピートして、何度も来させようと

するということは

 

裏を返せば、成果が出ておらず

治っていないということ。

 

整体とは、いずれは

卒業して自己管理をしていけるように

促していかことが大切であって

 

いかにして、リピート率を下げて

独立を促すか。

 

それで、経営が成り立つのか?

 

疑問に思うでしょうが

リピート率を下げても

 

圧倒的な成果と自己管理を

お客様が体験できたら

 

口コミが殺到して

単価も客数も、凄い勢いで

上がるのです。

 

それが、当院での取り組みと

実際の結果です。

 

私が患者さんだったとき

そんな整体を求めていた。

 

だが、私は出会えなかった。

だから、自分で自己管理して、治した。

 

だからこそ、そんな整体師になると

決意して、ここまで来れました。

 

整体の本来の意味を伝えるため

こうやってブログも書いて

 

オフラインでの

整体もお届けしているのです。

 

自分自身の身体の

不調の原因は

 

外側にはなく

内側、

 

つまり自分自身の

生活習慣や

 

気づいていない身体のクセに

あるのです。

 

こんなご時世だからこそ

自らのクセと生活習慣に

向き合ってみられては

いかがだろうか?

 

ぜひ周りの方のために

この真実の情報をお知らせください。

 

この記事を見て

少しでもオモシロイッ!!!と

思われた方は

 

ブックマークか読者登録を

1秒以内に、お願いいたします!!

 

読んでいただき

ありがとうございました。

 

卒業させる整体院

代表 一整さん

 

※一整さんの考え方がわかる!

インタビュー記事はこちら

https://note.com/shima_zakky/n/n6e6dede6bad9