整体プロデューサーのカラダの学校

カラダにまつわる、様々な真実の情報を伝える整体ブログ。みんなの健康がアタリマエの世界を作るため、楽しく整体を伝えています。

握力が弱くて、硬いジャムの蓋を開けられない方へ朗報!カンタンに開けるためには? 〜クセを見抜いて卒業させる整体〜

f:id:sotsugyoseitai:20200514225110j:image目次

 

皆さま、こんばんは!

 

5秒の握手で

身体のクセを見抜く整体師

一整さんと申します。

 

いつも楽しく、読んでいただき

ありがとうございます。感謝です。

 

本日も楽しく書いていきます。

 

今回のテーマは

 

握力が弱くて、硬いジャムの蓋を

開けられない方へ朗報!

 

カンタンに開けるためには?です!

 

年を重ねると

握力が弱くなって

なかなか、硬いビンのフタを

開けられない、、、、という

 

お悩みの方、多いかと思います!

 

今日はそんな方のために

すぐに使える方法を

お伝えしますので

よかったらご覧くださいませ!!

 

では、まずはこちらを

ご覧ください!!!

 

握力が低下したときのリハビリ方法とは?

https://goshominami-clinic.jp/knowledge/grip-strength-rehabilitation-method.html

 

握力が低下した時

何をすべきか??

 

手先や腕の筋トレも

確かに一理ありますが

 

実は本質の問題とは

程遠いのです!

 

では、その本質に迫っていきましょう!

 

握力が弱いから、ジャムの蓋が開けられないのか?

f:id:sotsugyoseitai:20200514225037j:image

では、そもそも

握力が弱くて

ジャムの蓋が開けられないのか?

 

これは、正直言って

間違いです。

 

実は、握力が弱いのではなく

 

握力が普段から、ずーっと

使いすぎて

疲弊しているから

 

適切なタイミングで使えずに

うまく機能せず

 

開けられないのです。

 

つまり、握力低下ではなく

 

握力の使いすぎが

本当の原因であるのです。

 

ジャムの蓋が開けられないのは、実は足のせい?

f:id:sotsugyoseitai:20200514225051j:image

では、握力の使いすぎは

なぜ起きるのか?

 

これは、四足歩行の動物であった

時のなごりから考えると

 

例えば、右側は

右手と右足で支えているので

 

右足がうまく使えない

支えられないと

 

右手一本で踏ん張ることになります。

 

ということは、右足で

踏ん張れない体制のせいで

 

右手で踏ん張りすぎる傾向が起き

 

結果として、手に力が

入りにくくなり

 

ジャムの蓋が開けられなくなるのです。

 

カンタンに開けられるようになるための身体の使い方とは?

f:id:sotsugyoseitai:20200514225105j:image

では、カンタンに

開けられるようにするためには?

 

右手でメインで蓋を回す場合は

 

右足で踏ん張ることを

誘導したら良いので

 

少し膝を曲げて

右足に体重を乗せたまま

 

蓋を回せば、良いのです。

 

これだけで劇的にカンタンに

フタを開けられるようになります。

 

ぜひみなさんも一度

騙された!と思って

試してみてくださいね!!!

 

まとめ

 

硬いジャムの蓋を

開けるために必要なことは

 

足での踏ん張りが大切なんです!

 

ぜひみなさんも

周りでお困りの方へ

お伝えくださいませ!!

 

コロナも緊急事態宣言が

解除されたので

楽しんでいきましょう!!!

 

↓↓↓

 

この記事を見て

少しでもオモシロイッ!!!と

思われた方は

 

ブックマークか読者登録を

1秒以内に、お願いいたします!!

 

読んでいただき

ありがとうございました。

 

私がなぜ、整体をしているか?

その熱〜い、使命と志についてはコチラ↓

https://sotsugyoseitai.hatenablog.com/entry/2020/04/23/211836

 

卒業させる整体院

(福岡大橋駅より徒歩6分半)

HPはコチラ↓チラッと覗いてください!https://sukoyaka-genki.net

 

一整さんの書籍の処女作で

読んで心構えを変えて卒業した人、多数!の本はコチラの下部ページを↓

https://note.com/shima_zakky/n/n6e6dede6bad9

 

身体のクセを見抜き、クセになる

卒業させる整体を届けている

整体プロデューサー&整体ブロガー

 

卒業させる整体院

代表 一整さん iSsei