整体プロデューサーのカラダの学校

カラダにまつわる、様々な真実の情報を伝える整体ブログ。みんなの健康がアタリマエの世界を作るため、楽しく整体を伝えています。

人の死に対する定義について語る! 〜クセを見抜いて卒業させる整体〜

目次

 

皆さま、こんばんは!

 

5秒の握手で

身体のクセを見抜く整体師

一整さんと申します。

 

いつも楽しく、読んでいただき

ありがとうございます。感謝です。

 

本日も楽しく書いていきます。

 

今回のテーマは

 

人の死に対する定義について語る!

です。

 

皆さんは何を持って死を

定義しているでしょうか?

 

私なりの意見も交えて

もっとも大切なテーマについて

お話していきます!

 

では、まずは

こちらをご覧ください!!!

 

死の正しい定義とは?

http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/about_sp/sp-thought1/sp-thought1-2/sp-thought1-2-2.htm

 

死について肉体と霊界としての

つながりについて

書いてありますが

 

これをさらに現実的に

落とし込んで、話していきます!

 

まずは、、、

 

死に対する一般的な定義とは?

f:id:sotsugyoseitai:20200525221013j:image

一般的には死の定義としては

 

瞳孔が開きっぱなし

心臓が動かない

呼吸が止まっている

 

これら3つのサインが揃ったとき

 

人は初めて、死んだと

認識されるのです。

 

これは、肉体的な死を指しており

 

実は、肉体的な死だけでは

本当の死は定義できないのです。

 

死には2段階ある?

f:id:sotsugyoseitai:20200525221022j:image

ということは、肉体としての

死が第一段階としたら

 

もう一段階の死とは

何かというと

 

人の記憶から

無くなる、状態です。

 

肉体的にこの世から消えたとしても

 

人の記憶の中で

その人の生き様や残したものが

再生される限り

 

その人は生きているのです。

 

極論を言うと

 

アインシュタインは肉体的には

遥か昔に死んでいますが

 

人の記憶の中では

生き続けているので

 

彼は、本当の意味では

まだ、死んでいないのです。

 

死に対して皆、なぜ恐れるのか?

f:id:sotsugyoseitai:20200525221030j:image

では、そんな死には

2段階ありますが

 

なぜ人々は死を恐れるかと言うと

 

自分という我が

この世から無くなることを

非常に恐れるからです。

 

しかし、そもそも

我というものは

 

周りからの刺激によって

作られた仮の姿のため

 

そもそも自分の我というものは

あるようで

実は無いのです。

 

そのため持っていたものを

手放すのは怖いと感じますが

 

そもそも実は持っていると

思わされているだけで

 

実は何も持っていないのです。

 

そこを捉えておくと

怖さは無くなります。

 

死というものは

実は恐れるものではなく

 

ただの節目である、だけなのです。

 

まとめ

f:id:sotsugyoseitai:20200525221041j:image

死というものについて

様々な意見がある中

 

私なりの意見と考えを

述べさせていただきました!

 

ぜひみなさんも一分一秒を

無駄にしない

人生をお過ごしくださいね!

 

↓↓↓

 

この記事を見て

少しでもオモシロイッ!!!と

思われた方は

 

ブックマークか読者登録を

1秒以内に、お願いいたします!!

 

読んでいただき

ありがとうございました。

 

私がなぜ、整体をしているか?

その熱〜い、使命と志についてはコチラ↓

https://sotsugyoseitai.hatenablog.com/entry/2020/04/23/211836

 

卒業させる整体院

(福岡大橋駅より徒歩6分半)

HPはコチラ↓チラッと覗いてください!https://sukoyaka-genki.net

 

一整さんの書籍の処女作で

読んで心構えを変えて卒業した人、多数!の本はコチラの下部ページを↓

https://note.com/shima_zakky/n/n6e6dede6bad9

 

身体のクセを見抜き、クセになる

卒業させる整体を届けている

整体プロデューサー&整体ブロガー

 

卒業させる整体院

代表 一整さん iSsei