整体プロデューサーのカラダの学校

カラダにまつわる、様々な真実の情報を伝える整体ブログ。みんなの健康がアタリマエの世界を作るため、楽しく整体を伝えています。

症状が出ることは良いことなの?悪いことなの? 〜クセを見抜いて卒業させる整体〜

目次

 

皆さま、こんばんは!

 

5秒の握手で

身体のクセを見抜く整体師

一整さんと申します。

 

いつも楽しく、読んでいただき

ありがとうございます。感謝です。

 

本日も楽しく書いていきます。

 

今回のテーマは

症状が出ることは良いことなの?

悪いことなの?についてです!

 

症状が出て苦しむ方は

ほぼほぼ全員では、ないでしょうか。

 

しかし、この症状が出現することには

大変意義深いことがあるので

 

症状が出る本当の原理について

お話ししていこうと思います!

 

ではまずは、

 

症状とは何なの?

f:id:sotsugyoseitai:20200706230722j:image

症状とは、何かというと

Wikipediaさんによると、、、

 

症状とは、異常な状態や疾患の存在を

反映して、患者に明らかな正常な機能

または感覚からの逸脱です。

症状は主観的または客観的です。

 

倦怠感は自覚症状であり

咳や発熱は客観的な症状です。

 

症状とは対照的に、兆候は検査官または

医師によって誘発された疾患の手がかりです。たとえば、知覚異常は症状ですが

紅斑は兆候です。

 

などと書かれていますが

 

要するに、普通に生きていると

身体に何も異常な反応は起きませんが

 

何かしらのきっかけにより

咳や発熱、発疹、痛みや痒みの出現など

 

それらが起きているのが

症状というわけです。

 

身体の中に溜まった結果

何かしらのきっかけで起きたものが

症状なのですね。

 

症状が出ることは良いことなの?悪いことなの?

f:id:sotsugyoseitai:20200706230807j:image

症状が出ることは良いことなのか?

悪いことなのか?

 

これは、様々な意見が出ますが

どの立場から見ると

 

良いか、悪いかが変わってきます。

 

例えば、身体にとって

身体の中に溜まっている

添加物や老廃物を出そうとして

 

顔に吹き出物が出てきた場合

 

これはある意味、身体にとっては

良いことなのです。

 

しかし、身体を持っている

意識のある脳から見ると

 

顔に吹き出物ができると

恥ずかしいから、それは

悪いことと捉えるのです。

 

症状が出ることの本当の意味とは?

f:id:sotsugyoseitai:20200706230848j:image

症状が出ることの本質とは

 

身体から見ると

身体は溜まっている不純物を

出したり

 

楽にさせたりするために

 

出しているのが症状なのです。

 

脳にとっては

 

症状を出した結果に対して

良い、悪いという解釈を

与えているだけなのです。

 

つまり、身体と脳

 

どちらの立場で

症状を捉えるかの違いが

大切なのです。

 

まとめ

f:id:sotsugyoseitai:20200706230911j:image

症状は身体から見ると

全て良いことなので

 

結論から言うと

 

身体を良くするためには

どんどん症状を出した方が

 

身体は健康になっていくのです!

 

↓↓↓

 

この記事を見て

少しでもオモシロイッ!!!と

思われた方は

 

ブックマークか読者登録を

1秒以内に、お願いいたします!!

 

読んでいただき

ありがとうございました。

 

私がなぜ、整体をしているか?

その熱〜い、使命と志についてはコチラ↓

https://sotsugyoseitai.hatenablog.com/entry/2020/04/23/211836

 

卒業させる整体院

(福岡大橋駅より徒歩6分半)

HPはコチラ↓チラッと覗いてください!https://sukoyaka-genki.net

 

一整さんの書籍の処女作で

読んで心構えを変えて卒業した人、多数!の本はコチラの下部ページを↓

https://note.com/shima_zakky/n/n6e6dede6bad9

 

ゴミ拾いと筋トレがコラボした企画

ガベトレが取材されました!↓

https://youtu.be/dvBZa1a5RJY

 

クセを見抜き、クセになる整体

医療から卒業させる整体

整体コーチング&整体ブロガー

 

卒業させる整体院

代表 一整さん iSsei